映画・テレビ

パコと魔法の絵本

今日、映画 「パコと魔法の絵本」

観てきました

 

以前観に行った映画の予告で流れたときから、気になっていた1本

よかったです。

 

映画を観る前に必要以上に期待していると、期待が膨らみすぎて

ちょっと想像を裏切られたりした作品もあったりしたこともあるけど・・

今回は、間違いなく大当たり

 

個性派ぞろいのキャスト。

よく見てもホントに誰だかわかるまで時間のかかる特殊メイク

 

そして・・・

話は現在から過去を振り返る形で、進むからか・・・

メインとなるストーリーは

・・・・とある病院に、個性的な入院患者がいて、その中の“偏屈ジジイ”である老人(役所広司さん)が、ある日、絵本を読む少女と出会い、勘違いから少女を殴ってしまうことで、少女が事故の後遺症で1日しか記憶を保つことが出来ないと知る・・・

そして、少女のために自分が何か出来ないかと自答し、彼女の心に何でもいいからなにかを残す為に奮闘する・・・・

と言うお話。

(見てない方も、この辺までは公式HPに載ってるストーリーだから大丈夫ですよね

 

けど、このストーリーがどっか消えそうになるくらい・・

随所に昭和ギャグ

私が子供の頃に流行ったような、もっと前に流行ったような・・・

そのものでなくても、そういう雰囲気をかもし出す演出がてんこ盛り・・

 

大人の笑いと子供の笑いが明らかにはっきり違うと言うくらい・・

チビにもココの笑いは通じてナイだろうなぁ・・と言うものも・・・

 

とにかく、おもしろかった。

CM等でチョコッとでも映像を見たことのある人はわかると思いますが、

原色を使って、とにかく色彩鮮やかで・・・言葉悪く言えばうるさいくらいのセット。

でも、それがまたイイ

この映画は地味なセットやバックでは、成立しないでしょう・・

 

ホントにホントに楽しい。でも、ハートフルでうるっとする2時間でした。。

だって、ちびが隣で涙ぬぐってたの・・見て見ぬ振りしたけど・・ヤツハケッコウテレヤナノデ・・・

 

とにかく、まだ公開3日。

観ようかなと思ってる方必見です。

自信もってオススメします。

今思い出しても、目の奥がくぅ~っと熱く、重く、なります。

 

私的には・・・「え?あ・・・そっち?」という想い描いてたストーリーと違うトコがあって、「あ~」という納得もしたり・・・。

 

見る人によっては、↑の感想はなくて、MEGMEG♪は何が「え?」で「あ~」だったのか・・

と思うかもしれませんけどね

 

1年生のチビでも、なんとなく理解したようです。

まだ全部はムリみたいだけど・・

小学生。中学生。高校生。それ以上・・モチ大人も・・・

私としては、子供に観せたい・・・。

大人も観て改めて色々考えさせられる1本でした

 

コレは・・・

DVD買いかな~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やっぱり・・・

以前ここでも書いたように・・

今年の夏、とっても気になっている映画『クライマーズ・ハイ』

映画館で観る勇気がまだ出ず・・・

でも、内容はとても気になり・・

先日、原作本を購入しました。

原作本ですら、ナカナカ読むまで、気持ちが行かず・・・

購入から1週間経って、やっと今日読み始めました・・・。

久々の読書に、ナカナカページが進みませんが・・

地元の地名、母校の名前、私が住んでいた市所有の施設の名称

実際にあるものの名前が、次から次へと出てきて、読みながらドキッとします。

単行本で買ったのに、2センチくらいの厚さ。

かなり読み終わるまでに時間がかかってしまいそうですが、

必ず最後まで読破しようとおもいます。

 

あの時、幸か不幸か、直接事故にあった身内はいませんでしたが、

あの時、事故から一番近い場所に住んでいて、ホントの現場を見ていないけど、

事故の悲惨さ、壮絶さを、肌で感じていた人間として・・。

絶対に忘れない為に・・・

 

今年もまた8月12日がやってきます

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クライマーズ・ハイ

今、とっても気になる映画があります

それは。。。

 

『クライマーズ・ハイ』

 

1985年8月12日に起きた史上最悪の航空機事故

JALのジャンボ機が群馬県の御巣鷹山に墜落し520人もの犠牲を出した事故を追った地元新聞社の1週間の物語

原作者は地元新聞社でこの事件を追った横山秀夫さん

昨日7月5日に公開されています。

 

この事故のとき、中学2年だった私は、救助活動の拠点となった市に住んでいました

私の家は市内でも外れの方でしたが、それでも通っていた中学の体育館は自衛隊の寝泊りする場所として使われ、市内中心部に行けば、ヘリコプターが大きな音を立てながら次々に行き来し、自衛隊の車、警察の車両、救急車。明らかに報道関係者とわかる中継車や新聞社のものとわかる旗のたった黒塗りの高級車が何台も行き来し・・

明らかに、普段とは違う、物々しさでした。

普段はのんびりとした田舎の町が、とんでもない状況にありました。

TVでの報道、ラジオでの報道をみても、あの当時、その事故の背景に何があったのか、とか、その事故の本当の大きさなんてものは、正直全然わかってなかったと思うし、今もわかってないかもしれないけど。。。

とにかくとんでもない事故が自分の住んでいるところのかなり近くで起きたということ、

そして沢山の命が犠牲になったということ・・・

そのことだけは、強く強く心に残りました。

今でも、毎年8月12日が近づくと、心の奥がぎゅっと苦しくなって涙が出そうになります。

 

あの事故を風化させてはいけないと思うし、私としてはきっと一生忘れない事故です。

だから、この映画を観たいと思うのですが、映画館という公共の場で観る事が出来るのか・・自信ありません

映画館で観るか、きっとビデオ化されると思うのでそれから観るか。。。

どちらになるかわかりませんが、いつか絶対観ようと思っています。

 

この事故に関する事実がきっと形にあらわされていると思うから

| | コメント (4) | トラックバック (0)